JUGEMテーマ:漫画/アニメ

北アルプスに住みながら、遭難者救助を手伝う島崎三歩を
中心にしながら、北アルプスでの遭難者救助の生々しい実態と
山のすばらしさ、美しさに触れていく物語です。

 

 

超人的な能力をもった三歩と、三歩のあまりの山バカ加減に呆れながらも
成長していく長野県警山岳警備隊に属する椎名久美や、
県警、山小屋、登山者など、周囲の人々の成長も、
ともに描いていき、読みながら一緒に成長していけるようなマンガです。

 

 

以前から3巻くらいまで読んでいて気になっていたのですが、
ついに全巻購入してしまいました!(少々トラブルがありましたが…(笑))
私に撮って山のマンガと言えば、夢枕獏先生原作/谷口ジロー先生画の
「神々の山嶺」だったのですが、「神々の山嶺」が超人的な
山男のストーリーなら、「岳」はもっと身近なスーパーヒーローのお話しです。

 

 

 

 

「神々の山嶺」を見て登山を始めたい!という人はあまりいないと思いますが、
「岳」は北アルプスに行きたい!と思ってしまうマンガなのです。

 


まさに三歩の「山においでよ!」のセリフに誘われているようです(笑)

 


この島崎三歩、今までに見たマンガの中でも、
ナンバー1くらいじゃないかという親しみやすさ!

 

 

真っすぐな純粋無垢な性格に、とにかく自分の感覚を頼りに生きている野性味、
男ならだれでも憧れちゃうスーパーヒーローです。

そんな三歩の性格に登場人物も数多く救われていきます。

 


最も救われたのは登山中遭難事故で父親を亡くした横井ナオタではないでしょうか。

 

 

 

離婚してしまい父親一人で育てられたナオタ、建設業で働く父親ですが
登山中に滑落、三歩によって救助されますが、あと一歩というところで
様態が急変し亡くなってしまいます。

 


ナオタが駆け寄った時にはもう事切れていました。

 

 

そんなツライ経験をしたナオタですが、山を嫌いになるどころか、
三歩や久美とのつながりを通して、最後には立派なクライマーとなります。

 

 

ナオタくんの成長は二児の父として、本当に嬉しく思うし、
読んでいて胸がグッと締め付けられてしまいますね(笑)

 

 

そんな涙あり笑いありの「岳」ですが、
最終巻には賛否両論あるのです。

私はどちらかというと「否」のほうですね(笑)
*ここから大きくネタバレを含みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最終巻に関しては本当に「否」です!!

島崎三歩というキャラクターの魅力は、
どんな遭難者に対しても「よく頑張った!また山においでよ」
死者に対しても「山に来てくれてありがとう」と声をかける
優しさ・寛容さです。

 

 

それは山を甘く見ている人に対しても同じで、装備が足りていない人には
自分の装備を貸してあげ、これから天候が荒れそうなときには、
引き返した方がよいと的確なアドバイスを与えます。

 


無理な時には無理だと素直に伝えることも三歩の優しさなのです。

 

 

それは「ゴミと命以外は何を捨ててもいい」という三歩のモットーに
即しているのでしょう。

 


これは命を捨ててはならない、という強い意志の表れでもあると考えています。

 

 

しかしです。

 


最終回の三歩の行動はどうでしょうか。

 


今や山頂で命を失いかけているインド隊の隊員、
片や、数度ヒラリーステップを上り、8000m以上の高度に
24時間以上滞在する三歩、
助けに行っても二重遭難となる可能性が極めて高いことは三歩なら
簡単に理解できるハズです。

 

 

しかし三歩は助けに行く道を選びます。
(いや、テンジンも止めろよ!!)と思うのですが、
とにかく三歩は救助に向かってしまうのです。

 


高度障害で判断力が欠如していたのでしょうか。
もう全く理解できない!!

 

 

結局最後は意識朦朧とうわ言のように言葉を発する三歩の姿が。
こんな三歩見たくねえぇぇぇと、ショックを受けてしまいました。

 

 

もちろん三歩は遭難死したとも書かれていません。
それどころか、ナオタのコーヒーカップの欠けている個所が
修復されているような描写もあり、生存説も匂わせます。


さらに三歩の親友であり、一番の理解者でもある野田チーフが
最終回に全く登場しないことも何か匂わせる演出ですよね。

 

 

なら笑顔の散歩を見せてくれよぉぉぉぉと思ってしまいます(笑)
三歩の最後の顔があんな死にかけなんて嫌だぁぁぁぁ…。

 

 

連載から何年経ってるんだって感じですが、
月日がたっても名作には変わりありません。

 


しかし最終回は…最終回はどうにか変えてほしかった!

 


あるいは続編を!三歩が生きているという証だけでも書いてほしい!


だって三歩が死ぬなんて…考えられないから!(笑)

 

 

昔「コードギアス反逆のルルーシュ」というアニメで
主人公のルルーシュ・ランペルージが死んでしまい、
妻がショックを受けていたのですが、そんな感じです。

 


そのアニメも主人公が生きているような描写があり、
ついに復活かと言われる続編が製作されているそうですが、
「岳」もそうならないかなぁと期待しちゃっています(笑)

 

 

石塚先生お願いしますぅぅぅ(笑)

最終回に「否」の気持ちがあれど、この「岳」は
本当に読んでよかったマンガでした。

 

 

命の大切さ、自然の美しさ、怖さ、いろんなものを
得られたマンガだったと思います。

ぜひ読んでくださいね〜。

1

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM